So-net無料ブログ作成

【ドラクエ10】2014年クリスマスイベント前半『聖夜の反逆者』【たかっち冒険記外伝】 

ドラクエ10の2014年クリスマスイベント
『降臨!聖なる祭りを破壊せし者!?
星降る夜の大乱闘!』
たかっち冒険記の外伝としてお送りします。

今回は前半の『聖夜の反逆者

クリスマス.jpg



Sponsored Link






今回のイベントを共に遂行してくれたのは
お友達のだいすけ
クリスマス1.jpg
なんと、あの某有名スケーターさんだそうですよ!

さて、それではさっそく
ドラクエ10クリスマスイベント2014年Version始まり始まり



聖夜の反逆者

赤い帽子赤いタンクトップを着た
筋肉ムキムキなおじさんが立っていた

今年も12月というこの時期にである。

旅の途中ジュレットの町に立ち寄ったたかっちが目にした光景は
目を疑うものであった

しかし、よく見てみるとどこかで見たような・・・
白いおヒゲに、大きな白い袋を持っている

クリスマス2.jpg

いよう!待ちくたびれたぜ
とりあえず、あの言葉を言ってくれない?

近づいてみるとそう声をかけられた。


なぁだいすけ、、あの言葉って、、やっぱりあれ?

この風貌からしたらあれしかないんじゃ?

クリスマス3.jpg

メリークリスマス!

そう言うとニコニコして自己紹介を始めた
どうやら、この時期になると
アストルティアにやってくるおっさんで
聖天の使いと呼ばれているらしい。

まもなく”妖精の世界”で
白銀の聖夜祭』が始まるらしく
その祭りに冒険者を招待するためにやってきたようだ。

たかっちとだいすけは言われるがまま連れて行かれることになる。

たどり着くと一本のでっかい木が目に止まったが
その木の側で妖精が怯えていた

クリスマス4.jpg

妖精がでっかい木を指差すと・・・
たくさんの魔物の群れが現れた!

クリスマス5.jpg

しかし、魔物はこちらに手を出さずに
逃げていったのだ。

聖天の使いが言う
なんてこった・・・
星の大樹の飾りが今年も全部・・・盗まれちまったああああああ!!

そしてお約束の展開である。

クリスマス6.jpg

盗まれたものは
聖天のベル
聖天のりボン
聖天のくつ下
この3種類を3個ずつ取り戻してきてほしいと頼まれた。


魔物たちは聖夜の大広間と呼ばれるところに
逃げ込んだらしい

星の大樹の奥に不思議な光が浮いている
どうやらここから移動できるようだ。

これか!
と、たかっちが言ってる側から
だいすけは不思議な光に包まれ
のまれるーーー
と、叫び姿が消えてしまった。

すると、その不思議な光は
たかっちも包み込み
飲み込まれてしまった・・・・





気が付くと部屋の中にいた。

目の前に扉がある

クリスマス7.jpg

扉を開けると
中に魔物の群れが潜んでいた!

クリスマス8.jpg

何匹倒しただろう・・・
何度も何度も繰り返し
倒し続けること9戦目
ようやく全ての盗まれた飾りを取り戻すことに成功した。


さっそく聖天の使いのおっさんの元へ

星の大樹に飾りつけしてくれと言われ

(か、飾り付けまでさせるのか!)
と思ったが
口には出さないで
しぶしぶ飾り付けをする
たかっちとだいすけ

そして・・・・

クリスマス9.jpg

この光の粒には、星の加護が宿っていて
 今年1年のけがれを消し去るんだ。
 どうだ?スッキリした気分だろう?

クリスマス10.jpg

そう言って、この白銀の星夜祭を守った
たかっちたちにプレゼントを渡してくれた。

あぁ。やっぱりこの人サンタさんだったんだ(´∇`)

しかし解せねぇ・・・
と、サンタさんはつぶやく

去年あれだけ反省して、オレたちと一緒に
 星夜祭を楽しんだ魔物たちが
 どうしてまた、あんなことをしたんだ・・・・

なんだか、このままでは終わらないような予感が
ヒシヒシと伝わってきた
たかっちであった・・・・。


後半に続く
【ドラクエ10】2014年クリスマスイベント後半『聖夜の破壊者』【たかっち冒険記外伝】




Sponsored Link




クリスマスイベント前半「聖夜の反逆者」 動画




関連記事
【DQ10】たかっち冒険記【第一話】

お勧め記事
オンラインカジノで遊んでみた


トップページへ戻る


Sponsored Link








クリックでページトップへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました